代表取締役社長 大畑祐貴 ご挨拶

「入社前にどこでITの勉強をされていたのですか?」
お客様から私がよく聞かれる質問です。

私は大学まで役者を目指しており、日本大学 芸術学部 映画学科演技コースに在学しておりました。
在学当時は、小劇場を借りての舞台などの公演や自主製作の映画作成などをしており、
ITとはかけ離れた生活をしていました。
当時パソコンを利用するのは脚本を書く時ぐらいで、徹夜してWordに書き上げた舞台脚本を、
休憩している間にパソコンがダウンしてデータが消失してしまうなど、
今では考えられない使い方をしていました。
(当時のノートパソコンは熱暴走でストップしてしまうことが多々ありました 汗)

大学の卒業が近づくにあたり、役者は一握りの才能が夢を掴める職業だと実感し、
就職することを決めました。
当時、既に独立をしてインプルーブを経営していた父と相談し、
スネかじりではありますが、有限会社 インプルーブに入社しました。
当時、従業員は社員が1名、パートが1名の合計2名。
提案/営業/構築の指揮はすべて父が取っていました。
やるからには死ぬ気で頑張らないと、と1年間で実務を引き継ぎ、
のんびり働きたい従業員2名が退職し、父と2名での再スタートとなりました。

これが私のビジネス人生のスタートでした。

そのため、私は理系ではなくむしろ文系です。
現場でお客様に教わり、悩みを一緒に考え、一緒に解決していくために調べ、知恵を絞る。
当時の経験が今の私を形作っています。

私たちは、お客様と対等でいたいと願っています。
対等だからこそ一緒に悩み、お客様のためにならないことは利益が上がることでもお断りする。
一緒に成長できるパートナーとして、末永く共に発展できる関係性を目指しています。

ミッション

中小企業の一員として感じたこと。
それは、ヒト・モノ・カネが十分ではないこと。
幸いなことに ヒト(家族や社員、お客様、パートナー)には恵まれてはいますが、
マンパワーには限界があります。
その中で第四の要素である「情報(IT)」だけは、どの企業にも平等に創意工夫によって、
企業発展をサポートする力がある。

企業をサポートしていくには、私たちがお客様をサポートできる実力を持っていなければいけない。
お客様をサポートすることで、お客様が成長し、今以上に頼っていただける。
常にお客様をサポートできるように、実力や技術を身につけてITの分野では常に努力を怠らない。

それが、インフィニティのミッションの原点です。

Happiness Project

2018年に先代の父が他界し、2代目となりました。
一緒に働く社員と共に、新しいステージへ上るため、
 ・Mission / Vision / Values のリニューアル
 ・Happiness Project の開始
 ・組織体制の変革
を取り組んでいます。

この「Happiness Project」は、インプルーブ企業当初から大変お世話になっている企業の尊敬する社長が実践している世界一社風のいい会社を目指すを、私たちなりに目指していけないかという視点から考え実践しています。
仕事は人生の半分を占めますが、その半分が楽しく幸せでなければもったいないという、先代の意思も反映し、私たち自身がイキイキと最高のサービスを提供できるようにしていきます。

代表取締役社長 大畑 祐貴